株のやり方、始め方

提案を出し合うサラリーマン

株式投資を始めるために、まず最初に株式の売買を行うために証券会社で取扱われている証券口座を開設しなければなりません。
証券会社を選ぶ際に注意すべき点は。
会社によってサービスの内容や手数料体系が異なるということです。
何もしなくても手数料を支払わなければならない場合や、逆に1日あたりの取引金額が少額であれば手数料がまったくかからないような証券会社も存在します。
初めて株式投資を始める方であれば、維持手数料のかからない証券会社がおススメです。
昔は株取引をするためには証券会社の担当者に電話で連絡して売買してもらわなければなりませんでしたが、今はどの証券会社でもインターネット上で自分で買い注文や売り注文を出せるようになりました。
インターネットで株式の売買を売買する場合は証券会社ごとに使いやすさや情報量などが異なるので、株取引の経験のない肩であれば初心者向けの使いやすい売買ツールを提供している証券会社を利用できます。
証券会社が決まったら取引に使用する口座の種類を選択します。
普通に株式を売買するだけの一般口座、税金を差し引いてくれる(源泉徴収あり)特定口座、ニーサの3種類があります。
株式投資も含めて年間20万円以上の雑所得があれば税金を申告しなければなりませんが、特定口座であれば自動的に税金の分が差し引かれるので手間がかかりません。
ニーサでは年間ある決まった投資金額以内の投資であればどんなに利益が出ても課税されません。
利益が年間20万円以内であれば税金がかからないので一般口座でも構いません。
証券口座が開設できたら資金を入金して取引を始めます。
銀行振込のほかにペイジーで手数料無料で入金が可能な場合があります。

人気記事一覧